[Laravel5] Blade 上で dd() を一瞬で出す方法

概要

VS Codeというモダンなエディタでのスニペット(入力補助)機能の改造をします。

引用

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/helpers.html#method-dd

dd関数は指定された変数の内容を表示し、スクリプトの実行を停止します。

dd関数とは

ddはLaravelでvar_dumpしてexitしてくれるヘルパ関数で、変数や配列の中身を確認するときに使い、デバッグ出力に最適です。
インスタンス、オブジェクトや配列を見やすく整形して出力してくれます。
デバッグにおける最強の味方で、開発するうえで使用頻度が一番高い関数です。

何をするか

Blade上でもController上でも有効ですが、今回はBlade上で手軽に使うための方法です。
通常だとBlade上でを作ってからdd()を書くという2ステップになると思いますがこれを1発でいきます。

やってみる

Laravel Blade Snippetsというパッケージをインストールします。

変更するファイルの場所
C:\Users\user\.vscode\extensions\onecentlin.laravel-blade-1.18.0\snippets\snippets.json
"php": {
のブロックの下(287行目)に追加

"dd": {
    "prefix": "b:dd",
    "body": [
        "@php",
        "    dd($1);",
        "@endphp"
    ],
    "description": "dd is cool"
},

変更を適用するにはVS Codeの再起動もしくは再読み込みします。

結果

Blade上でddと入力してエンター→下記出力が出れば成功!

@php
    dd();
@endphp
管理ユーザー / 2018-10-03 / 47 / 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

まだコメントがついていません。

ログイン不要でコメントの投稿ができます。