URLのリストをAtomの正規表現置換を使って配列に一発変換テクニック!

記事 便利 コマンド Atom 正規表現 テクニック

概要


例えばこんなリストがあったとする。エクセルなんかに1万件とか。

https://www.google.co.jp/
https://www.yahoo.co.jp/
https://www.msn.com/ja-jp
・・・

 

目的


配列の値にするために""で囲みたい。さらに最後にカンマをつけたい。
このように。

"https://www.google.co.jp/",
"https://www.yahoo.co.jp/",
"https://www.msn.com/ja-jp",
・・・

↓↓↓↓
$url = [
    "https://www.google.co.jp/",
    "https://www.yahoo.co.jp/",
    "https://www.msn.com/ja-jp",
];

 
 

Atomでの作業


URLを開いた.txtファイルなどを開いて、Ctrl+Fで検索モードにする。

検索文字
^(.*)$

置換文字
"$1",
をいれて置換実行するだけ。
 
 

説明


(.*)の部分が変数?になっているので、この場合は行のURLの部分が$1の変数に入ってる。
置換後は"$1",変数の前と後ろに"",がついていて目的を達成している。

今回だとこの方法である必要はないが、より複雑な置換だと必要になる。
さらに$1,$2,$3と増やしていくこともできる。

Laravelおにいさん / 2018-06-19 / 287 / 0
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

まだコメントがついていません。

ログイン不要でコメントの投稿ができます。